お知らせ

HOME / 2017年度「いそがい 喋りの教室」レッスンの様子①

2017年度「いそがい 喋りの教室」レッスンの様子①

2017年8月31日 更新

2017年度「いそがい 喋りの教室」のレッスンの様子を紹介します!

こちらは現在開校中の「上級コース」第1回~8回目のレッスンからピックアップした写真です!


 

今期の上級コースには、本当にヤル気に満ち溢れたメンバーが集まってくれたんですが、
まず、コースが始まる前に受講生のみなさんの想いを聴かせてもらい、個々に合わせた目標設定をしっかり行っていきました。

目標とするべきことが明確になった人は、迷いが一気に減ります。
おかげで、レッスン序盤からメンバー同士の素晴らしい感性がぶつかり合い、みなさんの伝える力がどんどん伸びています。

もちろん、しっかりと基礎トレーニングは徹底します。
ただ頭で理解するだけではテクニックは使い物になりません。
だから、身体で覚える「体得」レベルまで、しっかり経験し、失敗し、改善していくステップを繰り返します!

同時に上級コースでは、序盤から「直感力」「アドリブ力」を鍛える実践的トレーニングをどんどん取り入れていますので、
みなさん、思い切りが一気によくなっていきます!

 
 

上記の4枚は、身体表現・演劇のワークでの写真ですが、これらはすべてメンバーたちのアドリブによって生まれた表現です。
僕も全く想像がつかない、オリジナリティ溢れる表現に毎レッスン笑いが絶えません!

多くの人が身に着けたいと思っている「アドリブ力」を養うのに重要なポイントは、
場における自分の役割を瞬時に決めて、相手とどう歩み寄っていくかを考えることです。

そのために、まずは自分の直感をそのまま表現することを重点においたレッスンを行い、”即決する経験”を積み上げていきます。
そして、次は場における自分の立ち位置を明確にする練習をし、
その上で、他のメンバーとどう協力していくかを、真剣に遊びながら、頭をフル回転させながら考えてもらいます。

こうやって書くと難しく感じるかもしれませんが、
アドリブ力は、本来誰もが持っていて、子どもの頃なんかは発想の天才だっだわけですから、
その感性を思いっきり開放できる場さえあれば、誰もがすぐにアドリブ上手になっていきますよ!

ちなみに毎回、一人3分程度のスピーチ練習しかしません。
しかし、自分らしい表現力を開花させ、直観力・アドリブ力を養っていくと、スピーチ力はあっという間に上達していくんですよ!


特に今期からは、喋りの教室OBメンバーがレッスンに応援に来てくれたり、運営スタッフも増え、よりサポート体制を強化することができましたので、誰もが思い切って自己表現できる空気感がさらにパワーアップしました!

また、伝える力を強化するだけでなく、上級コースでは受講生のみなさんそれぞれの自己実現に向けてのコーチングサポートも同時に行っています!
自己主張力がついてくると、人は自然に自信を養っていくことができますので、すでにみなさん、日々の行動の中にも大きな変化が起きているようですよ!